暗証番号設定

クレジットカードの暗証番号は、本当に自分だけが分かるように!

現金を持ち歩かなくても、カード会社と提携しているテンポやネットショップなどの支払いに使える「クレジットカード」は、現代人の必需品の一つに数えられます。
クレジットカードには、その利用のための「暗証番号」を設定し、支払いのたびにそれを入力する必要があります。
その番号は基本的に契約者が決めるものですが、「後で忘れてしまっても困りものだから」という理由で安易な番号を設定するのは危険です。
わかり易い例では「誕生日」です。
特に、4ケタの暗証番号には最適で、1ケタの数字の場合はゼロを付け加えることで対応できます。
しかし、悪意の第三者がカードを悪用するリスクを考えると、自分のパーソナルデータを番号に用いるのは危険です。
そこで、身近な家族や恋人、友人にも関係する番号を利用することで、他人には絶対にわからず、自分には思い出しやすい番号を設定できるということも考えられますが、それも危険です。
考えたくはありませんが、家族や友人が勝手にカードを利用する可能性もあり、後になってトラブルの原因となる可能性もあります。
あくまでも本人にしか分からない番号を設定しましょう。

クレジットカードの暗証番号設定は慎重に

最近のクレジットカードは非常に優秀で、もし紛失してしまったとしても、インターネット上ですぐに機能を停止させることができたりします。
なので、そういったときのリスクを極力軽減することができるようにはなっていますが、万が一のことを考えて、暗証番号は慎重に設定するようにしましょう。
自分の誕生日や車のナンバー、その他電話番号等といったものが絡まないような番号にするのが基本中の基本です。
覚えにくいかもしれませんが、だからこそ他人にも悪用されないようになるので、慎重に設定するようにしましょう。
また、全く同じ暗証番号を長期間続けていると、やはりリスクも増してしまうので、定期的に変更することも大事です。
クレジットカードを所有し続けると言う事は、非常に利便性が高いことではありますが、リスクも高いということもしっかりと意識して、上手に活用できるようになっておきましょう。
いざと言う時に暗証番号を忘れないようにするためにも、大切なところにメモして控えておくことをお勧めします。

check

adhdアスペルガーの悩み
http://kidshug.jp/d_grow/d02/dc03/

2017/4/7 更新